全てのForlle’d製品は、特許成分である低分子ヒアルロン酸をベースの成分として配合しています。皮膚の奥深く、真皮層まで浸透することが可能なのは、この成分分子が極めて小さいためです。ヒアルロン酸を、非侵襲的な形で皮膚の内部に行き渡らせることで、細胞間の相互作用や細胞合成を強力に促進します。ヒアルロン酸は、真皮の保湿を良好な状態に保ち、弾力を高めるとともに、日中、重力よって皮膚中の水分が移動することによる疲労が原因の症状を和らげます。


アンチエイジングを目指したスキンケアにおける、ヒアルロン酸の役割と強み:
  • ヒアルロン酸は、細胞外生成物の合成、細胞外環境と細胞との相互作用や細胞の運動に対し、極めて重要な役割を果たしています。また、細胞の免疫力向上、感染の予防、アレルギー反応の阻止などにも役立っています。
  • ヒアルロン酸の持つ最も重要な特性は、その保水力です。ヒアルロン酸分子自体の重量に対し、その6000倍もの水分量を蓄えることができます。
  • 皮膚細胞が本来備えている修復能力は、皮膚に存在するヒアルロン酸量に直接影響されています。ヒアルロン酸量は年齢とともに減少します。それが皮膚の炎症、また刺激物やアレルギー誘発物質に対する抵抗力の低下にもつながります。
  • ヒアルロン酸は細胞性免疫を維持し、感染を予防します。
  • 加齢によるヒアルロン酸量の低下に伴い、組織へ侵入する毒性物質は著しく増加します。
  • ヒアルロン酸は、強力な抗酸化活性を発揮します。

市販されているヒアルロン酸配合製品の一番の問題は、その分子サイズが大きすぎるため、真皮まで浸透しないということです。角質層と基底層の細胞間隙の大きさを上回ってしまうのです。Process of reducing the size of Hyaluronic acid molecule

Forlle’d研究所が到達した革新的最先端技術が、この問題解決に活路を見出しました。それは、ヒアルロン酸分子のサイズを極低分子化することで、それにより真皮層内への浸透が可能になったのです。

Forlle’dが世界的に特許を取得している低分子ヒアルロン酸は、わずか5ナノメートルのサイズです。これは、通常の分子サイズと比較して600~4000倍も小さいものであるため、皮膚各層の奥深くまで浸透することができます。そのため、皮膚内部からの保湿と、皮膚再生が促進されるのです。/p>

Forlle’d研究所では、ヒアルロン酸のサイズを5ナノメートルまで小さくすることで、この分子の活性を高め、スキンケア産業における製品開発に取り入れることを実現しました。

ヒアルロン酸のサイズを5ナノメートルにまで小さくすることで、以下の効果が得られます:

  • ヒアルロン酸分子が、何の障害もなく皮膚に速やかに浸透し、皮膚の各層内で均一に広がります。毛穴を塞ぐ膜を形成することがないため、炎症の発生や、皮膚の過敏性を高めてしまう心配がありません。
  • ヒアルロン酸の特徴として良く知られているのが、皮膚内における、その保水性です。ヒアルロン酸分子をさらに小さくすることで、従来のヒアルロン酸に比べ、その保水能力がさらに高まりました。
  • 低分子ヒアルロン酸は、スキンケア製品によく配合されるナトリウムイオンやカリウムイオンといった一価の水溶性イオンと並び、カルシウムイオンやマグネシウムイオンなどの非水溶性二価イオンを非常に効果的に運ぶ役割を果たします。これらのイオン間のミネラルバランスを保つことは、非常に重要です。というのも、これらが細胞活動や細胞外基質の安定に及ぼす影響が大きいためです。
  • 低分子ヒアルロン酸は、傷治癒を目的とした塗布において、成長因子やその他の活性成分を運ぶ役割も期待されています。低分子ヒアルロン酸は人体の繊維芽細胞の増殖を促進します。
  • 低分子ヒアルロン酸は、傷治癒の過程において、酸素フリーラジカルが肉芽組織に及ぼす悪影響を阻止します。

Forlle’d独自の特許技術は、分子サイズを小さくすることに加え、成分が皮膚バリア層へ浸透する際の運搬能力促進におけるイオンの役割を考慮に入れています。皮膚バリア層に安全に浸透させることが、スキンケア産業の主要な課題となっています。ヒアルロン酸などの皮膚に本来備わっている成分が、皮膚バリアを超える鍵となる要素であると考えることで、Forlle’d技術はその製品に、安全性と効率性という価値を与えたのです。

より詳しい情報はこちらをご覧ください:

Forlle’dの低分子ヒアルロン酸製造方法

Forlle’d製品における低分子ヒアルロン酸の役割