Carnosine

万能の老化プロテクターである“カルノシン”は、抗酸化/抗糖化特性を持ち、重金属のキレート剤として働くと同時に、ストレスによる神経への悪影響を予防します。タンパク質のカルボニル化を抑制することで、ダメージを受けたタンパク質を除去するとともに、線維芽細胞の老化を予防し、組織の再生を促進します。事実カルノシンは、細胞保護作用のあらゆる重要なメカニズムの中心とも言え、最も破壊的な生化学過程から、皮膚細胞を保護しています。この保護作用は、目の周りの最も柔らかく繊細な皮膚を、老化から守るために非常に重要です。